人材から『人財』へ

私たちの考える人材とは、労働することによる対価を得るだけの労働者ではなく、そこから何かを学び取り、それを他へ伝達する価値のあるものへ と昇華し、それをまた上の次元の生産へと結びつけてゆくことのできる「人財」です。
私たちはこうした考え方を基に、「人財」を育てることを支援し、産業発展と国際貢献のお手伝いを行ってま いりたいと思っております。

国際貢献 Contribution

「外国人技能実習制度」とは、我が国の産業に蓄積された生産技術を開発途上国へ移転し、「人づくり」に貢献する制度です。入管法の一部改正により、2010年7月から新しい技術実習制度が施行され、各分野にて成果を上げています。

育てる力 Coaching

当組合の使命は、技能実習制度の適正かつ円滑な運用です。技能実習の成果が上がるよう、実習生と実習実施機関(企業)に対し、支援を行います。生産現場か らは「育てることで、教えられることが多い。学習意欲旺盛な海外からの若者に教えることで新しい発想が芽生えてくる」という声をお寄せ頂いております。
 ※ 監理団体(事業協同組合 経営高度化センター)は、実習生の選抜から始まり、入国から帰国までに発生する様々な手続き及び監理業務を行います。

活性化 Activation

海外からの若年層を受け入れることは、生産現場の活性化につながります。毎年若い実習生を受入れ、育て、技術移転を果たし、開発途上国の その現場で育った次の世代がまた学びに来ることで、生産現場は常に進歩し、真の国際貢献が果たされるものと、我々は信じております。
 ※技能実習生受入れ人数枠は、企業の規模や形態により異なります。

無料職業紹介事業

高速道路ETC事業

その他事業